職務経験が少ない第二新卒の就活の仕方

職務経験が少ない第二新卒の就活の仕方

第二新卒の看護師にとって疑問・不安に感じるのは、
職務経験が少ないのに雇ってくれるのかどうかです。

 

結論を言うと、雇ってくれます。

 

ただし、看護師を募集している医療機関全てが
雇ってくれるわけではありません。

 

医療機関ごとに採用方針は違いますので、
経験豊かな即戦力の人材を求めるところもあれば、
そうでないところもあります。

 

ですので、過度な期待を持つのは禁物です。

 

そこで肝心なのが、就職活動の仕方です。

 

次に勤めたい職場が、
過去に勤めていたもしくは今勤めている職場と同じ環境では意味がないので、
自分に合っている職場を探す必要があります。

 

ではどうやって次の職場探しをしたらいいのでしょうか?

 

求人誌や新聞などの求人広告で探すのは悪いとは言いませんが、
求人を出している医療機関の内部の情報を知るという意味ではおすすめできません。

 

紙媒体の求人では教育・研修のシステムは整っているのか、
職場の雰囲気はどうなのか、離職率はどうなのかなど
本当に知りたい情報を得にくい
からです。

 

自分に合っている職場を探そうとするなら、
転職エージェントを利用してみましょう。

 

キャリアアドバイザーが求職者に求人紹介だけでなく、
求職者が知りたい内部情報を提供してくれます。

 

また、看護師求人の大半は、
予算や時間の関係で求人を出せなかったり、
採用に関わる人たちとの調整や現場への負担も大きいことから、
非公開求人になっていることが多く、
看護師専門の転職エージェントが
第二新卒も含めた非公開求人を多く取り扱っている
のでおすすめです。

 

 


 

看護師の定着率を重視する に進む